株式会社リンク様:サクっと工程ユーザー事例

CASE STUDY

ユーザー事例

工程管理システム 株式会社インプローブ

CASE STUDY

ユーザー事例

株式会社リンク様 -サクっと工程-

「残業をなくす。無理、無駄をなくす。」を目標に
納期遅れの解消、生産効率の向上を達成!

株式会社リンク様 #01

■ ユーザープロフィール

株式会社リンク

業種
金属加工業
設立
1994年
資本金
1000万円
代表取締役
中山 敏雄 氏
所在地(工場)
〒124-0006 東京都葛飾区堀切4-24-3
TEL
03-3695-2020
事業内容
金型部品・治具・機械部品・ヒートパイプなどの設計・製造・販売
主要取引先
金型メーカー、電子・電気機器メーカー、カメラレンズメーカー
システム導入年
2013年
URL
http://link-f.jp/

■ 課題

四半世紀以上、金属加工業を営む株式会社リンク。
近年になって急激に社員や仕事量が増加する時期があった。そこで問題となったのは、工程の進捗管理の難しさである。
今までは社長自らがこれまでの経験を基に管理してきたが、仕事量の増加や現場のコミュニケーション不足等により、進捗状況が把握できなくなりそうな場面もあった。
そこで各工程の進捗の共有化(見える化)を目指して、工程管理システムの導入に踏み切った。

■ 経緯

システムの導入には、展示会や新聞広告、インターネット等で調査を実施。
最終的に、『サクっと工程』が候補に挙がり、インプローブの担当者から詳細なデモンストレーションを受けた結果、導入する運びとなった。

■ 効果

導入の結果、当初の課題であった工程進捗の共有化については成功した。
各工程のスケジュールがガントチャートで一目で分かるため、誰でも納期を把握し、意識して作業を進めることが可能になった。誰が今どんな作業をしているかが分かるようになったことで、誰かの作業が遅れていた場合、助け合う状況も出てきた。
現在では納期遅れは発生しなくなり、逆に顧客に対して正確な納期を回答できるようになった。現場では業務の効率が上がったことによる働きやすさを感じるようになった。

株式会社リンク様 #02 株式会社リンク様 #03

お客様の声

■ 導入効果

『サクっと工程』を導入して効果を感じているのは、やはり納期遅れがなくなったことだ。 今では顧客に対して自信をもって納期を回答できるようになった。 また受注が込み合ってる時でも、先のスケジュールが見えていることで、残業や外注計画などを事前に組み立てることができるようになった。また自社の生産能力のキャパシティもシステムを導入して初めて分かった。 作業実績収集システムの『サクっとPOP』を現場に導入することで、作業日報が簡単に収集できるようになり、日報の手書きがなくなり、別の業務ができるようなった。

■ 見えてきた課題

もちろん導入したことで全てがうまくいったわけではない。 中でも大きな問題となったのは、工程の進捗が把握できるようになったことで、個人の作業量にかなり開きがあることが分かってしまったことだ。 熟練工と若手とでの実力の差がはっきりしてしまったことで若手の一部がやる気や自信を失ってしまい、結果的にモチベーションの低下に繋がった。技量という面で若手がベテランに中々追いつけていないことが分かったことで、これまでの教育体制の見直しも必要となった。 そして『サクっと工程』の機能も全てを使い切れているわけではない。 受注から出荷まで一貫してやりたいが、まだ入力ができる人員が多くないため、一部の機能が使用できていない状況である。 限られた人材の中で、どうやってシステムの運用に時間を使っていくかは今後の課題である。

■ 今後に向けて

今後は量産部品の受注比率を高めて安定性と効率化を重視した生産の達成が目標である。
量産化が進んだ場合は、自動スケジューラ等の導入も視野に入れて検討していく予定だ。
今回『サクっと工程』を導入したことで生産管理・工程管理システムの有用性・必要性が理解できた。更なる生産効率の追求や、適切な納期を回答するなどの顧客へのサービスを充実させ、受注拡大を狙っていく。

株式会社リンク様 #04

TEL 0120-932-862

工程管理システム お問い合わせ

工程管理システム pagetop

Copyright improbe inc. All Rights Reserved.

工程管理システム 製品貸出サービス

工程管理システム 資料請求

Copyright (C) improbe inc. All Rights Reserved.

Copyright (C) improbe inc. All Rights Reserved.