有限会社鈴宏鉄工所様 :Previsionユーザー事例

CASE STUDY

ユーザー事例

工程管理システム 株式会社インプローブ

CASE STUDY

ユーザー事例

有限会社鈴宏鉄工所様 -Prevision-

生産管理システムの導入で外注費6%を削減
効率経営で社員還元を目指す!

有限会社鈴宏鉄工所様 #01

■ ユーザープロフィール

有限会社鈴宏鉄工所

業種
金属加工業
設立
1983年
資本金
500万
代表取締役
鈴木 謙誌 氏
所在地
〒430-0826 静岡県浜松市南区四本松町408番地
TEL
053-443-7362
事業内容
一般治具、溶接治具、検査治具の設計、製作部品試作(自動車・オートバイ)・機械部品加工(木工機、産業用機械部品、半導体ロボット)などの加工全般
主要取引先
自動車・オートバイメーカー、半導体ロボットメーカー
システム導入年
2016年

■ 課題と導入経緯

日本屈指の工業地帯である浜松で金属加工業を営む鈴宏鉄工所。
治具は設計・加工・組み立てまでの精密仕様の受注に対応し、低コストを実現している。 小ロット量産、多品種の短納期対応が可能で、木型手配から表面処理までの一貫完成納入品でお客様へのVA提案を可能としている。

地元の大手メーカーなどとの取引で順調に成長を遂げていたが、生産管理は従来のアナログ管理のままだった。「図面がどこにあるかが分からない。」「今誰が何の作業をしているかが分からない。」といった悩みを抱えていた。 また社長がほとんどの業務に携わっており、業務の引き継ぎもうまくいっていなかった。

これらの問題を解決すべく、生産管理システムの導入を検討することになった。システムを導入する上で展示会を中心に情報収集を行った。 「最終的に2社に候補を絞って、社員にどちらが良いか意見を募り、画面の見やすさや操作のしやすさなどの観点からインプローブの『Prevision』を採用したんですよ。」と導入経緯を語って頂いたのは代表取締役の鈴木氏。 2016年に3工場を集約移転した際に、インプローブの生産管理システム『Prevision』の導入を決め、業務の改善を目指すことになった。

■ 効果

図面の管理がラクに!
『Prevision』を導入したことで「品番フォルダ」からデータ化した過去の図面を検索できるようになった。紙の図面を探す必要がなくなり、大口の注文もスムーズに処理できるようになった。

工程進捗の「見える化」にも成功
各作業員の工程が可視化されたことで、現場も事務も納期を意識して行動ができるようになり働きやすくなった。今では納期回答や合理性の伴った外注判断ができるようになった。

業務の引き継ぎも◎
これまで社長がいないと多くの業務が回らなかったが、システムを導入したことで、業務がマニュアル化され、自然と引き継ぎができた。今では見積もり以外の業務は社長がいなくてもできるようになった。

有限会社鈴宏鉄工所様 #02

お客様の声

■ 導入効果

生産管理プロジェクトリーダー 後藤 雅章 氏

事務 伊藤 沙江 氏

納期の共有でここまで変わる!?
「『Prevision』を導入してよかったのは現場も事務も納期を共有できるようになったことです。」と後藤氏は振り返る。 現場も事務も納期を意識して行動ができるようになり、納期回答をスムーズに行えるようになりました。以前は現場の担当者に直接聞きにいったり、経験でおおよその納期を割り出していました。お互いに時間を節約できるようになり、他の業務ができるようになりました。

業務の無駄をなくす
「受注のたびに過去図面や類似図面を手作業で探すことがなくなりました。」と話すのは事務の伊藤氏。 紙図面を手作業で探すのは時間の無駄でしかないですよね。『Prevision』でPDF化した図面を名称と図番からカンタンに検索できるようになり、時間の浪費とストレスから解放されました。『Prevision』がなければお客様からの大量注文にも対応できなかったと思います。

現場でも大活躍
また現場ではマシン別のガントチャートを見ることでリーダーが部下のスケジュールや作業負荷を把握できるので、急な作業を割り込ませるときの判断がしやすくなりました。逆に部下の作業が込み合っていたら外注に回すということも早くできるようになりました。 システムを導入したことで「働き方改革」を意識した労働環境の構築を目指せるようになりました。

導入から数年を迎えた今
導入当初は忙しい時期と重なって大変だったこともありましたが、今では『Prevision』は必要不可欠となり、これからも積極的に活用していきたいと考えています。

■ 今後の課題

代表取締役 鈴木 謙誌 氏

『Prevision』導入後について
『Prevision』導入前は自分がいないとほとんどの業務が回りませんでしたが、導入後は業務がシステムに合わせてマニュアル化され、ほとんどの業務を社員に任せることが出来るようになりました。 今は私にしかできないのは見積もり作成だけですが、これもシステムを導入したことで過去の受注情報がすぐに分かりますのでかなり楽になりました。いずれはこの業務も社員に任せて私はチェックする だけになればと思っています。これからは経営に専念していきたいと考えています。

今後に向けて
刃物それぞれを品番登録をして、在庫管理できればいいなと思います。発注点も設定して適正な在庫数で管理する必要がありますね。 内製化の推進で、外注費を6%削減することに成功したので今後は10%削減を目標に掲げます。バーコードリーダーによる実績収集の精度を上げて、受注単位での正確な粗利データを計上・分析し、工場全体の利益率を向上させて社員への利益還元につなげていきたいです。

有限会社鈴宏鉄工所様 #03

TEL 0120-932-862

工程管理システム お問い合わせ

工程管理システム pagetop

Copyright improbe inc. All Rights Reserved.

工程管理システム 製品貸出サービス

工程管理システム 資料請求

Copyright (C) improbe inc. All Rights Reserved.

Copyright (C) improbe inc. All Rights Reserved.