三協電機株式会社様 :Previsionユーザー事例

CASE STUDY

ユーザー事例

工程管理システム 株式会社インプローブ

CASE STUDY

ユーザー事例

三協電機株式会社様 -Prevision-

『Prevision』のデータ活用で
リアルタイムな原価集計と業務効率の改善を達成

三協電機株式会社様 #01

■ ユーザープロフィール

三協電機株式会社

業種
製造業
設立
1972年
資本金
1000万円
代表取締役
藤原 誠司 氏
所在地
〒492-8429 愛知県稲沢市増田西町84
TEL
0587-32-4811
事業内容
各種自動制御盤・キュービクル,分電盤の設計・製作・検査・現地調整・改造,
盤据付工事・ケーブル敷設接続工事
主要取引先
(株)日立アイイーシステム
(株)マウンテック
システム導入年
2017年
URL
https://www.sankyo-dk.co.jp/

■ 課題と導入経緯

三協電機株式会社は、半世紀にわたって上下水道の浄水場や下水処理場などの社会インフラ設備や電力会社の発電所・変電所、各種工場の設備をコントロールする制御盤・キュービクルなどを一貫生産している企業である。 日本全国の案件を多数手掛けており、最近では海外からの受注も増加傾向にある。また日本健康会議が主催している「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されるなど、従業員の長時間労働是正や感染症予防といった健康な職場づくりにも取り組んでいる。

三協電機には原価などの集計作業に多くの人手と時間がかかっているという課題が存在した。 その解消案として生産管理システムを導入し、紙管理からデータベース管理に切り替えることで転記などの事務作業工数を減らそうと考えた。
インターネットや展示会などで情報収集を行い、口コミで評判の良かったインプローブの『Prevision』に興味を抱いた。インプローブの販売代理店を通してコンタクトをとり、製品の詳細な説明を受けた。運用方法についても相談し、話し合いを重ねた結果、導入効果が十分あると判断して採用を決定した。 導入時には「中小企業経営強化税制」を活用した。同制度を利用により、税法上の優遇措置を受けることができた。

■ 効果

集計作業の見直しで業務効率の向上とリアルタイムな原価把握が可能に
これまで多くの人員と時間を投入して集計作業を行ってきたが、システムの導入でほぼなくなりつつある。集計作業が大幅に短縮されたことで別の作業ができるようになり業務効率が上がった。 またリアルタイムに近い集計データが得られるので、各部署に対してデータを基にした指示もすぐに出せるようになった。

購入品費や外注費のチェックも容易に
エクセルや紙で管理していた頃は、細かい部品の価格を把握しておらず、仕入先が提示してきた見積もり金額が間違っていても気付かないこともあった。しかし、システムを導入したことで過去の受入金額が簡単に調べられるようになったので前回単価のチェックをする際に重宝している。

三協電機株式会社様 #02 三協電機株式会社様 #03

お客様の声

■ 導入効果

代表取締役社長 藤原 誠司 氏

『Prevision』を導入したことで、膨大だった集計時間はほぼゼロに近い形まで短縮され、精度も以前より高くなりました。 集計作業は経営状態や生産効率を分析する上では欠かせないものですが、作業自体は何らかの収益を生むものではありません。この作業時間を極力減らすことが、当社の収益性改善への第一歩だと考えていました。

当社ではこれまで手書きの日報や資料をもとに電卓を使用して集計作業を行っていましたが、『Prevision』によるデータベース管理に切り替えたことで計算する必要もなくなりました。 一度集計用のエクセルを作成すれば、フォームを保存して後は更新をかけるだけで常に最新の集計結果を計算することができますので本当に楽になりました。

その他にも『Prevision』を導入したことで、様々なメリットがありました。例えば作業(工程)表の作成についても過去の工程情報が参照できるので便利です。発注に関しても発注金額を入力する際に、 過去の受入金額を参照できるので金額に間違いがないかすぐに確かめられるようになりました。 システム導入以前は、発注ミスにより仕入金額が2倍近く違っているものもありましたので、もっと早く導入していればと思います。また『Prevision』には製番や品番ごとにフォルダを作成する機能が ありますので、既納品の図面や写真データといった会社の財産ともいうべき資料の管理が同一システムでできるようになったことが嬉しかったです。

導入してから一定期間、運用がうまくいかない時期がありました。設計部門にシステムへの入力作業を任せていましたが、通常の業務を優先しがちで入力まで手が回らないといった状況でした。 そこで『Prevision』の入力サポーターともいえる人材を新たに採用し、入力業務を一任することで運用が進み始めました。入力作業で発生していた残業代や管理職も入力していた状況を考えると、入力担当を設けても費用対効果は十分にあると判断しました。 今ではシステムも順調に稼働して集計に関わる費用もかなり圧縮でき、業務効率もアップしてきたので、やはり入力サポーターを採用してよかったと思います。

今後は各作業の採算性や組立・設計不良率などもより明確にしていく予定です。作業実績を入力する際に不良理由を入力することもできますので、 フィードバックをするなど改善に役立てたいです。『Prevision』を導入することで生まれた時間を有効に活用して、当社のモノづくりをさらに発展させていこうと考えています。

三協電機株式会社様 #04 三協電機株式会社様 #05

TEL 0120-932-862

工程管理システム お問い合わせ

工程管理システム pagetop

Copyright improbe inc. All Rights Reserved.

工程管理システム 製品貸出サービス

工程管理システム 資料請求

Copyright (C) improbe inc. All Rights Reserved.

Copyright (C) improbe inc. All Rights Reserved.