自動スケジューラ連携 工程管理システム

導入効果

1 工程計画者が不要になります。
2 客先に確実な納期回答が行えます。
3 最適なアルゴリスムによりマシン稼働率がアップします。
4 特急品の割込判断がすぐに行えます。
5 従業員の残業・休日出勤が計画的に行えます。
6 オプションの作業実績収集システム[サクっとPOP]により日報が不要になります。
コスト
ダウン例
3h/日×240日=720h/年 720h×3,000円=2,160,000円/年
1日あたり3時間かけて計画を立てている場合、年間で約216万円のコストダウンになります。
※時間単価3,000円で計算

UP↑